そろばん

マンション

電子ブレーカーシステムの利用によって、電気料金を下げることができます。設置までの […]

回路

アフターケア

電子ブレーカーシステムは、価格や性能を比較することが重要です。それだけでなく、実 […]

ライト

業者選び

電子ブレーカーを提供してくれる業者選びの際には、選び方のポイントを抑える必要があ […]

 

マンション

そろばん

電子ブレーカーシステムの利用によって、電気料金を下げることができます。
設置までの価格などを考えると、一般家庭が利用するには少し高すぎます。
しかし、マンション全体で導入することで、かなりのコスト削減になります。
電気料金のほとんどが基本料金ということも少なくありません。
マンション共用部の電気料金は電子ブレーカーで大きく削減できる可能性があります。
照明やエレベータ、ポンプなどの電気料金を削減することができます。

アフターケア

回路

電子ブレーカーシステムは、価格や性能を比較することが重要です。
それだけでなく、実績の他にアフターケアをしっかり提供してくれる業者を選ぶ必要があります。

最近では、機器の性能や価格で競争することが難しくなっていることから、アフターケアが重視されるようになっています。
電子ブレーカーシステムなどは特に、長期の保守が必要になります。
壊れてしまった時は、できるだけ迅速に対応してくれることも大切です。
さらに、倒産する可能性が低いことも重要になります。
倒産してしまっては、トラブルが生じた時に修理をすることもできません。
保証についても注意する必要があります。
保証は基本的に一年間に設定されていることがほとんどです。
ただし、オプションなどもあるので、利用すると良いでしょう。

業者選び

ライト

電子ブレーカーを提供してくれる業者選びの際には、選び方のポイントを抑える必要があります。
まずは、価格、性能などの電子ブレーカーシステムについて調べる必要があります。

電子ブレーカーシステムを設置する際は、設置価格も必要になります。
ブレーカー本体は、基本的におよそ50万円程度です。
一方、設置費用は6万円ほどです。設置後には、電力会社への申請が必要になります。
この申請費用がだいたい2千円程度です。
このように、電子ブレーカーシステムを設置する際には、初期費用がかかります。
初期費用を抑えるためには、複数の業者を比較することが必要です。
また、リースを利用して、初期費用を抑える方法もあります。

電子ブレーカーシステムの性能に関しては、CPUを確認することが必要です。
電子ブレーカーシステムでは、コンピュータによるデジタル制御をすることになるため、CPUの性能が電流制御に大きき影響します。
パソコンでも、CPUの影響によって、動作に影響が出ることを考えれば理解し易いかもしれません。
CPUがより高性能な電子ブレーカーシステムを利用したい場合は、ウェブサイトで調べる方法もあります。
しかし、ウェブサイトにはスペックを全て記載していることは多くありません。
そのため、できるかぎり自社製造している業者を選ぶと良いでしょう。
自社製造している業者のほうが、高性能のCPUを搭載している可能性が高いためです。

信頼できる電子ブレーカーシステムを選ぶためには、過去の実績も大切です。
設置などにも慣れている業者を選びましょう。